スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火

この曲を聴くまではTUBEに対する僕の信頼度は低いものでしたが、この曲を聴いた後でそれが飛躍的に増加したことは言うまでもないのかもしれません。海物語で言えばサムが出てくるくらいの感じです。もはやそんなものは確定です。
サイコロの旅Vol.1の車中でこの曲に出会ったのは奇跡でした。
決められたレールを走るくらいなら、燃えて散って花火です。間違いなく。

前回Victoria Falls の写真を載せれなかったので、今回お見せします。
ただ滝を昼間に見に行かなかったので昼間の滝の写真はありません。しかも雨季がおわったとこなので水しぶきがすごく、あんまり遠くからも見えませんでした。

006.jpg

これは僕らが泊まったSafari Lodge のバーから見た風景です。最高です。
目の前にはブッシュが広がっていて、ここから動物とかも見れます。

今回の旅で初めて国境の上に立ちました。今回はジンバブエとザンビアの国境です。国境のある場所は橋がかかっていて、ここからバンジージャンプできます。この橋の上でザンビア隊とマラウィ隊の同期にも久々に会いました。

010.jpg

バンジージャンプする場所の横から撮影。高さは111mだそうです。僕はチキンなのでしませんでした。

016.jpg

WE ARE NOW ENTERING ZIMBABWE. まさに国境の上。

今回は、ザンベジ川のカヌー下りとサンセットクルーズの2つのアクティビティーをしました。ジンバブエはインフレなのでお金の支払いも大変。一人130万Z$払いました。130万と言っても日本円では6,7千円くらい。

018.jpg

金を全て手で数えて達成感あふれる外人。

満月の夜に合わせてVictoria Falls に行ったので特別に夜間、国立公園の中に入り見学できました。国立公園に入ると滝の近くまで行けるんですが、水しぶきのおかげであまり見えませんでした。

045.jpg

夜の虹。分かりにくいかもしれませんが。

カヌーしました。これは楽しかったです。幸運にもでかいキリンやばかでかいカバが見たりできて最高でした。

054.jpg

カヌー風景。

サンセットクルーズ。小さいボートを貸しきって、ビール飲みまくりでこれまたさいこうでした。ってか夕陽のきれいなこと。

073.jpg

ザンベジ川の夕暮れ。

074.jpg

これ日が暮れる前に撮った写真ですが、奥のほうに雲みたいなのが見えると思いますが、あれ全部滝の水しぶきです。半端ない。

まあこんな感じです。写真撮るの下手であんまり伝わりにくいかもしれませんが、とにかくリゾート最高です。
みなさんもこれは一見の価値があると思います。是非来てください。それはそれは案内しますよ。僕もあと何回かは行こうと思ったんで。

もう休暇も終わり、もはや活動してます。
たまにはリゾートいいもんです。日頃の疲れを癒し、また活動頑張ろうっていう気になれました。日本の皆さんも働きすぎず、たまにはリゾート行ってください。最高です。
その一つの選択肢としてジンバブエっていうのもいいと思います。日本では絶対に味わえない経験が出来ます。それもアリだと思います。


⇒comment

Secret

リゾート目指して実習頑張ります。
実習は4週間もあります。

いや、ピュアティ

ジンバブエに行ったとします。
空港に着きます。
君が迎えに着てくれるかもしれません。
帰りたくなります。

ブログ見れた★バンジーだなんてとんでもない。日本ではエキスポで事故あって一人死亡したとこやー。
リゾート素敵やなぁー雲みたいな水しぶき見てみたい!

サイコロVOL.2はアタリメでした。この旅に参加したはなもと君は入院生活を送り、ボルト4本が身体の中に埋め込まれ、コメントが少なくとも2ヶ月書けなくなりました。

ズリィー。
私も今週末、近所の世界遺産にツゥーっと行って来ます!!
むしろJICAスタッフに『車あるなら連れてけぇー!』ぐらいな勢いでお願いしました。

>春
教育実習って2週間くらいやないの?なんかようわからんけど。とにかくまあ最近の高校はパンチラがデフレしてると元同居人が言ってました。
>英
空と海が見分けられない、それほど澄んだあの気持ちというのは、今の僕には到底理解不可能です。
>森
そら来たら絶対に迎えに行きます。是が非でも。ジンバブエ人と一緒に行きます。それはもうどうしようもないことです。
>加
バンジーしようと思ったけどどうしようもなく怖かったので出来ませんでした。滝の水しぶきは半端なかったです。近くまで行ったらびしょびしょです。しぶきで。
>木
今僕の一番の懸念事項は彼、はなもと君です。また電話すると伝えといてください。きづ君も社会に順応してますか、それも気がかりです。また電話します。
>幹
びっくりするくらい楽しいとこでした。ザンビア側は分からないけど、任国外で行っとくべき場所のひとつだと思います。僕は今度は五つ星のさらに上のランクの六つ星ホテルに行こうと思っています。
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。