スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流刑地にて

初めてフランツ・カフカの本読みました。まだ短編しか読んでないけど、なんか頭使って読まないと理解できません。まあおそらくほとんど理解出来てないのかもしれませんが。まあでもなんか面白いのが多いです。

今日は趣向を変えて、神馬笛で僕に降りかかった事件について書きたいと思います。
僕たちは去年の10月に神馬笛に来ました。新しく赴任した隊員は約1ヶ月首都で語学訓練やらなんやらをします。僕らも例に倣って首都で訓練をしていました。僕らはその間に現地人の家でホームステイをしました。合計で2週間ほど。
他の同期隊員は2週間やりきりましたが、僕だけ途中で中止になりました。

僕は警察官の家でホームステイしていました。語学訓練している場所まで、警察の車を使って送ってもらっていました。
ある日、警察に通報が入ったそうです。
「警察官がいつも白人を車に乗せている。あの白人はスパイであの警察官はスパイを擁護しているのではないか?」と。
白人とはつまり僕のことです。車の外から見たら僕が白人に見えたのでしょう。
僕はスパイ疑惑をかけられ、ホームステイ先のホストの人はスパイ擁護の疑惑をかけられました。
彼は謹慎処分になりました。どれくらいの期間だったか僕は知りません。詳しいことは教えてもらえませんでした。減俸処分にもなったという話もありました。
僕は僕でスパイ疑惑をかけられているわけですから、最悪の場合国外退去もあり得ると。捕まるかもしれないですからね。結局僕のほうには何もなくこうして今でも活動できているわけですが。それ以来彼には会っていません。
最近聞いたのですが、ホストの彼は結局その後も職場でずっと疑われたままで、最後は同僚をレイプしたという事件をでっち上げられ、懲戒免職になったそうです。詳しくはわかりませんが。彼は某ボランティア機関の援助で日本に研修に行ったりして、結構地位も良かったそうです。通報した人は彼を妬んでいた人間がしたのではという噂もありました。

今までこのことを書くつもりはありませんでしたが、つい最近解雇になったというのを知って、書かずにはいれませんでした。こういうことが起こりうる場所があるとただ知ってほしかったからです。
失業率が80%くらいと言われているこの国で次の職業を見つけるのは非常に難しいことというのは容易に想像できます。
ただ僕には何も出来ません。
この事件があった後、携帯を変えられ彼の連絡先も分からなくなりました。ただ会ったところで何も出来ないでしょうが。

こんな事日本では有り得ないでしょう。
僕の理解の範疇を超えていることは確かです。
もはや何が正義で何が悪なのかなんてわかりません。
誰が悪くて、誰が責任を持つべきなのかなんてよくわかりません。
何が起こるか分からないと言われ赴任しましたが、まさかこんなことが起こるなんて夢にも思っていませんでした。

これについての個人的な意見をここで書くことは避けます。どう思うかは読んだ人それぞれに任せたいと思います。
よくわからないけど、世界にはこんなことが起こりうる場所もあるってことです。


037.jpg

その家の子供たち

⇒comment

Secret

君は個人的な意見をここで書くべきである。何故なら僕の知っていた君はここで書く人であるからだ。世界中逮捕されるか、世界中釈放されるかどっちかの世がベターだと僕は思います。時には起こせよムーヴメント

水道橋のフジが潰れてまるちゃんになってた なんていうかまあがんばろう俺そして君

水道なし生活約三週間の地方出張からやっと帰ってきました。
これで私も隊員です。
とりあえず『ありがとう』と『ごめんね』の日本語とその心を教えておきました。
あっ、ってかボール直った?

>ひで
恥ずかしくて書けません。ただこの国はおかしすぎると思います。たまにはこうして肩を並べて飲むことくらいしか僕にはできません。
>風
FUJIが潰れたなんて僕は信じません。週末の朝、うんこを我慢しながら並んで、あのくそ夫婦と争ったあの日々は俺たちのすべてだ
>みき
ボール諦めました。買ったほうがはやい。地方出張か、僕はそのころリゾートにいました
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。