スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diamond

あけましておめでとうございます。
なにかと忙しく、更新まったく出来ていませんでした。
まあ日本にいると、ジンバブエの事がほとんど分からないので、書ける事も少ないですが。

今回はダイヤモンドの話です。
あまり有名ではありませんが、ジンバブエでもダイヤモンドは産出されます。
映画「Blood Diamond」で有名なシエラレオネのように、紛争が起こるほど産出される訳ではありませんが。

余談になりますが「Blood Diamond」は良い映画だと思います。
さらには「The Last King of Scotland」や「Tsotsi」などもいいです。
これらの映画はアフリカの現実を知る上で、良い足がかりになる作品だと思います。
もちろんこれらの内容が全てではありませんが。
アメリカの俳優が、アフリカなまりの英語で話しているのもすごいと思います。


話戻します。
ダイヤモンドが出るというだけで多くの命が奪われたり、問題が起こるというのは、もはや必然なのかもしれません。
多くのダイヤモンドがとれる訳ではないジンバブエでも然りです。

ムタレというジンバブエのダイヤモンド産出地には、多くのジンバブエ人が一攫千金を夢見て流入しているようです。実際僕のジンバブエ人の知り合いの数人も行ったと聞いています。
そして多くの人達が殺害されていると。

基本的にダイヤモンドの産出場所は政府が抑えているようで。
副大統領ムジュール?さん直属の軍隊が結構めちゃくちゃやってるっていうのをよく聞きます。
その軍隊を使って、自分のダイヤモンド採掘場に不法に入ってくる奴(まあ不法に入って来る人も悪いちゃ悪い)を銃で撃って結構殺してるようです。
政府が介入する前は、もっと秩序が無く酷い状態だったようなので、何が正しいかという事は断言できませんが。

他にダイヤモンドに関しておもしろいことが。
家の壁のレンガか土の中から、ダイヤモンドが発見されたことがあったようです。
それ以来、自分の家をぶっこわしてダイヤモンドを探すということがけっこうあったようです。
もし見つからなかったら、どうするのか分かりませんが。


まあとにかくダイヤモンドは人を狂わせます。
実際、一回見つけるだけで大金を手に出来る訳です。
そこには闇の業者が暗躍し、巨額の金を動かし、末端の採掘者には少額の金。
だから一般人は殺される危険があろうとも、どこにも属さず政府が管理している採掘場にも侵入します。

ダイヤモンドには常に血の影がちらつきます。
そこでは多くの血が流れています。ダイヤモンド利権の裏で。

その輝きに、僕は心打たれないなあ。

⇒comment

Secret

ダイアモンドに関してそんな事考えた事もなかったです…永遠の輝きですか……何か刹那いですね ところで隠岐の君の近況はどうなんでしょう?

>沙保漓
ダイヤモンドというか、人間お金が絡むといろんなことが起こります。
まあアフリカに限らずなのかもしれませんが。
僕の近況は、とりあえず働いてます。某古着屋で。
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。