スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すいません

ブログを更新することが、もうライフワークになってしまっていたので、
更新を全く止めると、なんか寂しいし、最近暇なのでたまに更新することにします。

日本で得られるニュースの後追いになるとは思いますが、ご了承ください。
尚、レートに関しては出来る範囲で現地から情報を入手してここに記載して行きたいと思います。

あーまた「BIG M」(ジンバブエ人で大統領の事をこう呼ぶ人も居る)がいらんこと言っちゃいましたね。
もうドキドキです。
「能無しで馬鹿」「ジンバブエは私の物」
だとか。

BIG Mは何を考えているのでしょうかね?
どんだけ意地を張れば気が済むのでしょうか。
彼の意地のせいで、苦しんでいる人はたくさん居ます。
その反面、彼のおかげで金儲けている人もたくさんいます。

政府高官とかは、海外に行く際にジンバブエドルを公式レートでUS$に換金できます。
これが何を意味してるかは、このブログを読んでくれている人は分かると思います。
ぼろ儲けです。ひくくらいぼろ儲けです。
まあ苦しむ人が多い反面、ぼろ儲けの人達も非常に多い。
こんな風に彼のおかげで、潤っている人も多い。

そういった意味では、BIG Mに大統領を辞められては困る人も多い。
そういう彼のおかげで潤っている人達に、実際に彼は操られているという噂もあるくらいですから。
まあ真偽のほどは確かではないですが。
ただBIG M、おじいちゃんですからね。

もういい加減、欧米諸国と仲良くやってかないと無理ですよねー。
まあ自分の生活が脅かされない以上、そうはしないんでしょうけど。
なんといっても彼、彼らは今のままでぼろ儲けですから。

あー意地っ張り。


P.S.
オークションでけっこうジンドル売られてるんですね。
100ビリオン中心に。
新500ミリオン札はまだ売られてないみたいですが。俺が売り出せば一番乗りか。
売れるかな?

⇒comment

Secret

いつも読んでます。

いつもブログ拝読させて頂いてます。

ジンバブエは最近は驚くようなニュースばかりで、
酷い国だとばかり思っていましたが、
このブログですごく行ってみたい国になりました。


ところで、
大統領の欧米に対する批難ぶりは伝わってくるのですが、
ジンバブエ人一般の対欧米感情はどうなんでしょう?
ムガペ爺さんが退いた後には国際社会
(残念ながら今の「国際社会」って結局欧米な気がします)
と融和的な体制にもどる可能性があるのでしょうか?

これからもブログでジンバブエの話、是非教えて下さい!

No title

>大学院生さん
いつも読んでくださりありがとうございます。

ニュースだけ見ると、ジンバブエって酷い国ですけど、酷い事やってるのは一部の人ですから。
一般人は穏やかで、非常に良い国民性だと思います。
機会があれば是非行ってみてください。

一般のジンバブエ人の対欧米感情という事ですが、
大統領程ではないにしろ、昔の植民地時代を生きた人などは決して良い感情を持っていません。
むしろ一般の人々は、白人に怯えているような人さえいます(僕らと話す時より、かなりかしこまった感じで話す)。
まあ白人とうまくやってこうよみたいな人も多いので、その限りではありませんが。
欧米より、一般の人々は中国を嫌っています(俺から見て、そこまで嫌わなくてもいいのにと思う程。ただ大統領は中国大好き)。その中国嫌いがあまりにも全面に出ているので、欧米に対する感情が見えにくいという側面はあると思います。

現大統領が退いた場合、野党が政権を取れば間違いなく国際社会と仲良くするでしょう。ただ現野党党首は頼りないので、日本のように欧米の犬みたいになるかもしれませんが。
与党が政権を取った場合、これは僕の予想になるのですが、今よりは国際社会に対して態度は軟化すると思います。
ムガベはアフリカの英雄と自負していますし、周辺国家でもそう思っている人は未だいるようです。そういうものがあるから欧米に対してあのような態度がとれるのだと思います。
他の人がなっても、そうはいかないですから。部分的に融和政策をとるのではと思います。
自分の利権を守りたい人も多いので、全ての面においてとはならないでしょうが。

まあこんな感じです。
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。