スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のニュース

まあ最後のニュースといっても何もありませんが。井上陽水風に。

2ヶ月10日間の短い冒険が終わりました。
おそらく、いや間違いなく自分が想像していた以上の体験ができたと思います。
ただ、自分がやろうとしていたことが全て出来たかと言えば、そうではないですが。
けど今回は、前回ジンバから日本に帰った時よりも満足しています。いろいろな面で。

実際、今のジンバブエは、僕が以前居たときとはかなり状況が違いました。
それは、このブログでずっとお伝えしたことより、明らかかとは思いますが。
僕から見れば、明らかに不幸な状況下でジンバブエ人は生活していると言えます。まああくまで僕の視点ですが。
けど、そのような環境にも彼らは何も変わっていませんでした。
今までのように、アホで優しくて、何よりも人間臭くて。

僕は彼らのそういう部分が好きです。だからアフリカ、とりわけジンバブエに惹かれているのだと思います。
彼らと居る事で、毎日喜怒哀楽の感情を表現できる。
おそらく、これは日本では得難い事です。彼らと共に生活する事で、僕も人間らしさ、人間臭さを手に入れる事ができた。それは他には代え難い。

僕は、僕が好きなジンバブエという国を知ってもらいたくこのブログを書き続けました。
その情報の善し悪しに関わらずです。好きだから、きちんとこの国を僕自身も知りたかった。
このブログを書く事で、僕自身もジンバブエという国を知っていった訳です。

ここで初めてジンバブエという国を知った人、昔行った事があって現在の状況を知りたかった人。このブログをご覧の方には様々な感覚でこれを読んでくれていたと思います。
そういう人達に何かを伝える事ができたかどうかは、僕にはわかりません。
いろいろ試行錯誤はしましたが、結局それが実になっていたのかどうか。けど、何か一つでも僕の伝えたかった事が伝わっていれば、と思います。
本当はもっと書きたい事もあったのですが、時間も十分にあるとは言えず、書ききれませんでした。それが僕の後悔です。




アフリカを、ジンバブエを知ったという事は、僕に取ってとてつもなく大きな事でした。
もう知ってしまった。ジンバブエには僕の帰る事が出来る場所もある。
彼らの苦楽を知ってしまったことで、僕はもう離れられないんだなと思います。
日本に居る人には信じられないかもしれませんが(こんなろくでもない国を好きになる事を)、アフリカにはそういう種の人を惹き付ける何かがあります。
うまく僕はそれにハマってしまいました。
僕はボランティアがしたくて彼らと関わり続けるのではないと思います。彼らと一緒に働く事が、一緒に生活することが好きだから、これからもアフリカ、ジンバブエと関わっていこうと思います。

もし、これを見てアフリカに興味を持ってくれた人が居れば嬉しいです。
旅行でも何でもしてみてください。ちなみに、ジンバブエのヴィクトリアフォールズは最高ですよ。


大学出てすぐ協力隊。その後、無職で勝手にアフリカ来ちゃって。
別に崇高なボランティア精神がある訳でもない、むしろボランティアという言葉には興味無い。
自分がアフリカに、ジンバブエに居る事が好きだから、勝手に戻って。
で、日本の皆さんに何か知って欲しい、興味を持って欲しいというのは、都合がいいかとは思いますが、この完全自己満足なブログを、どういう意図であれ、読んでくれていた人に本当に感謝したいです。

ありがとうございました。


帰りのSAのフライトが遅れて、最後の最後までアフリカを満喫できました。運が悪いだけか。
あーあ、あともうちょっと待つかー。


⇒comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>midさん
いえいえこちらこそありがとうございます。

本当に僕はここ、ジンバブエで素晴らしい経験ができたと思っています。
本当に彼ら(子供達含め)と、素晴らしい時間を過ごせました。

ジンバブエで僕は、非常に無力でした。
けど、もうアフリカからは離れられそうにありません。

またこれから自分に出来る事は、何かをきちんと見極め、
頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして、いつもこのブログの更新を楽しみにしていました。
更新停止されてしまうということで、何だか寂しいですが…。いつもなかなか知ることの出来ない情報をお伝え頂きありがとうございました。
このブログの素晴らしいところは、勿論記事内容にもあると思うのですが、一番は管理人さんの人間性にあると思います。遠く、決して安全とは言えない異国の地で現地の方々と交流され、また考え、苦悩される管理人さんの書く文章は、私のような普段何も考えず、特に世界情勢、他国の状況など全く気にもしていなかった人間の心でさえ揺れ動かす力がありました。ユーモアの匙加減も絶妙でした笑
いつかまたジンバブエや異国の地に行かれることがありましたら、是非とも再度の更新をお願いします。いつまでもブックマークしておきますので笑
長々とお目汚し失礼しました。管理人さんの撮られた写真、とても綺麗で素敵でした。写真の中の子供たちの笑顔を忘れず、無くさないように、私も少しでも何か出来ればと考えております。

No title

>さかえちゃん
お疲れさまです。
検疫大丈夫やったよ。素通り。コレラ菌持ってるかもやけどね。
こちらこそありがとうございます。
やっぱり運よくないね。荷物ロストしたし。結局出てきたからいいんですけど。

アフリカの魅力ってなんなんやろね。よくわからん。
まあみんなの場合はジンバに未練あるからっていうのはでかいと思うけど。
まあそれはどうしようもなく。俺もそうやったし。

これからのことは、まあゆっくり考えまーす。
あんがと。

>水素さん
はじめまして、お読みくださりありがとうございます。
まあ更新停止といっても、気が向けばそのうち書くと思いますが。またどっか行くかもしれないですし。一応の終わりという事です。
ジンバブエの情報だけでしたが、知ってもらえていたということを嬉しく思います。

いやー別に俺の人間性なんて別に良くないですよ。実際、バスケ教えてたと言っても、ジンバブエ人とアホみたいな顔して戯れてただけですし。
まあ頻繁に悩んではいましたけど、自分の無力さに。
ただ、もしこのブログを読んで、アフリカを知り何かを考えるきっかけとなってくれたなら僕はそれをとても幸せな事に思います。
それが、このブログを書く一つの目標でもあったので。何かを知る事はとても重要な事だと思いますので、その手伝いが出来ていたなら本望です。

写真も僕が、ジンバブエ人を無理矢理笑わせて撮ったようなものですから。彼らにカメラを向けるとなんか格好よく撮られようとするので、無理矢理笑わせて、みたいな感じで。

彼らの事を知ってくれた事だけで僕は十分だと思います。どんな悲惨な状況でも笑顔で過ごしている人達が居るという事をしってくれただけで。それが何か次のステップに繋がるかもしれないですし。難しく考えだすと、訳分からなくなりますからね。

コメントありがとうございました。本当に嬉しいです。

非常に面白かったです。
また何でもいいんで、気が向いたら書いてくれると嬉しいです。

Re: タイトルなし

>ですさん
ありがとうございます。
僕はもうジンバブエに滞在している訳じゃないので、書ける事は限られているかとは思いますが、まあ気が向いたら更新しようと思うので、たまに覗いてください。
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。