スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧しいということ

またYahooのトップページにジンバのコレラのこと載ったようですね。
それによるともう患者は6万人を超えているとか。
まあそれもしょうがないでしょう。
人々はあんな汚い水を飲まざるを得ないのですから。
以前写真で載せた、あんな緑色の水なんてましな方です。貧困層が住む地帯の水なんておわってるでしょう。ていうか断水続きでどうにもなんないでしょう。

ユニセフがかなりの額の援助(水道局に薬品あげたり)をしてるようですが、もはや足りないですよね。
保健相は「非常事態宣言」だけだして、援助に頼ってるだけだし、政府は何もしないし。
ハイパーインフレで政府高官は私腹を肥やしているけど、政府自体にはお金ないわけですから。

ブッシュさんも呼び捨てで、独裁者の辞任を要求したようですが、そんなので辞任する肝のすわっていないおじいさんなら、こんなことになってませんよね。
まあただあの人もけっこうよぼよぼです。うちの大学の卒業式に来てたけど(10個ほどUniversityがあるが1つ以外全部国立で、それらの学長は大統領)、ただのおじいちゃんでした。
彼がテレビや大勢の前に出るときはワセリンぬりたくってますからね。

本当にこういうコレラとかインフレの被害を受けるのは貧しい人ばっかり。
前に書いたけど、貧しい人は本当に苦しい生活をしています。僕の友達はクリケットコーチなのに、生活のため、自分のクリケット道具を売っています。
貧しい人は、貧困層地域に住み、汚い水を飲まざるを得ないのです。
前の記事の与党の若者が暴力の対象にするのも、貧しい人ばかり。金持ちにはあまり手を出さない。
貧しかったら、本当に何もできないのです。
学校にも行けないし、ろくに飯も食えないし。

ただ貧しい彼らにも問題がないとは言えません。
本当に貧しい人は別だと思いますが、ジンバブエでは難民キャンプ等で生活せざるを得ないとか言う人は少ない。
結構学校に行ける人も多い。
でも、彼らは貧しいことに不平を言うだけです。
自分で何かを成そう、努力してこの貧しさからぬけだそうというよりは、「国が悪いから、俺らも貧乏なんだ」と主張します。
たしかにそうかもしれないけど、人のせいにするだけで、自分の生活の悪い部分は顧みようとしない。
僕から見て、這い上がるチャンスあるのにっていうときでも、彼らは不平を言い、人のせいにするだけです。
それは外国人の僕が見ているから、そう見えるだけかもしれません。けど「金ない」と言いながら、酒飲んでるだけの人とか見るとねえ。
けど、そういう彼らに希望を与えられないジンバ社会のシステムにも問題があるかとは思いますが。

でもやっぱり、基本的に貧しいということはつらいです。
そのつらい部分をこの1年何か月かで嫌というほど見てきました。もう本当に嫌なくらい。貧しくて損をすることなんて腐るほどありますから。
金持ちは、その本人に何の能力がなくても、金を持っているというだけで威張りちらしているし。
日本にもそういう部分があるかとは思いますが、それがより顕著なんです。

なんかこんなに何回も貧しい貧しいというのも失礼かとは思いますが、現実はそうなんです。
金銭的には本当に貧しい。
ただ、どれだけ生活が苦しくても毎日笑って過ごしているジンバブエ人の心が貧しいとは思いませんが。


今日一緒に住んでいる友人宅のメイドがこんなことを言いました。
「けんたろーはもうすぐ日本に帰ってきれいな水が飲めるけど、私たちはあなたがいなくなって寂しくなるし、きれいな水も飲めない。ミネラルウォーターを買うお金もないからね。何もないわ」
と笑いながら言ってました。
こんなことを笑いながら言えるジンバブエ人が素晴らしいですけど。
現実はこんなもんです。

こういうことを考えると、そのような人たち相手にバスケットボールを教えてるだけの自分の無力さにとても腹が立ちます。
バスケットボールで、彼らのお腹を満たすことができないという事実に。

⇒comment

Secret

プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。