スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知との遭遇

えー、だってー怖かったから写真撮れなかったんですよー。
そら、写真撮れたらおもしろかったですよ。ムービー撮れたらよかったと思いますよ。
あんな機会なかなかないですからね。
あーすいません。

えー、ということで今日、僕が働いているビンドゥラという場所で出会いました。
与党支持者の若者たちで、1回目と2回目の選挙間の時に野党支持者を威嚇し、暴力をふるった人たちを。その時には死者も出ましたからね。

ビンドゥラという街を仕切っている、与党の幹部が先週亡くなりました。
公式には交通事故で亡くなったということになっていますが、どうやら与党の権力闘争の関係で殺されたのは間違いないようで。
で、今日ビンドゥラで彼のお葬式が行われていたのです。
その関係で、近隣の街から多くの与党支持者が集まってきていました。
もちろんその中には暴力的なことをしていた若者たちもいたわけです。
ただ今回は、人々の話によると暴力をふるうことはないようですが、下手に反抗するとその対象になってしまうようです。

今日の朝から彼らは同じTシャツを着て、酒を飲み、街中を歌い・叫びながら徘徊していました。
時には住民を威嚇しながら。
さらに、昨日から街の道路で物売りをしてる人たちといがみあっていて(そこに暴力があったのかどうかは知りませんが)、今日にはいつもは何百といる道路の物売りが全くいませんでした。
おそらく物売りたちは、彼らに何を言っても通じないので、暴力を受ける前に引き払ったのだと思いますが。
実際、友達に「ああいう奴らは無視するか、適当にあいさつするのが一番だ」と言われました。

中には、僕の知り合いもいて、こいつも選挙ん時は暴力振るいまくってたのかと思うと、なんだか悲しくなりました。
彼らも普段は、みんなと同じように普通に生きているのですが、こういう機会があると調子に乗ってしまいます。

いくつかのグループとすれ違ったので、写真を撮るチャンスもあったんですけど、今日は街中に警察も多く断念しました。
殴られるのも、逮捕されるのも嫌だったので。びびってしまいました。
あー残念でした。

ちなみに今日のキャッシュレートですが、1US$=40millionZW$になっていました。
あーインフレがひどい。

⇒comment

Secret

プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。