スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Domestic Violence

一昨日初めて体験しました。
DVの現場を。

僕は、泊まらせてもらっている友人(A君)ともう一人の友人(B君)とで宿泊先の友人の家の前で話していました。
すると、家の中から女性の叫び声。
僕は、最初なんかジンバブエ人がじゃれてるのかと思っていたのですが、どうやら叫び声が必死な感じ。

しばらくするとA君が家の中にいた家族から呼ばれて中に入っていきました。
みんな現地語で話しているので事情がつかめず、まだ外に居るB君に何が起こったのかと尋ねました。
B君は、
「A君の弟が、その嫁をしばき回してる」と。
「A君の弟が嫁に『もうお前を愛していない』と言い。その場で別の不倫相手に電話をかけて会いにいこうとしたとこで喧嘩になり、逆に弟が嫁をしばいてる」と。

僕とB君は家庭の事情だからと、外で待機していました。
しばらくすると、止めに入っていたA君が凹んだ感じで帰ってきました。
嫁は左腕を負傷。アイロンでどつかれたみたいです。

この国で、女性の権利は相当低いものです。
DVは社会問題です。けっこうよくある事みたいです。

これらは全てロボラという、結納に似た制度に起因しているといっても過言ではないです。

簡潔にいうとロボラとは、新郎が新婦の家族に牛や生活用品などを渡す制度です。その額は人によって変わるようです。
日本の結納金と違うのはその考え方です。
新郎はロボラを支払う事で新婦を買い、新婦の家族はロボラを受け取る事で新婦を売るという感じに限りなく近いニュアンスでこの制度を捉えています。(数人のジンバブエ人に調査)

これにより新郎は、嫁という物を得た事になります。
ロボラを支払っているので嫁という物に何をしてもいいという事になります。
蹴ります、殴ります。
よそに女作ります(半ば嫁公認)。
インフレで生活大変なのに、嫁に金渡さず酒飲みます、よその女に金使います。
このような事をしてしまう原因はロボラを支払った対価として女(嫁)を買ったと考えているからだと言えます。

ロボラについて話しだすと長くなるのでこの辺でやめときますが、これはジンバブエ人を考える上で非常に興味深い制度だと思います。

最近インフレのレートの上昇が落ち着いていましたが、また上昇し始めてます。どこまでいくのやら。
また近々デノミしそうね。

あっ、明日から1週間ほどウガンダに行くのでこのブログもその間お休みです。
ではまた来週。

⇒comment

Secret

No title

ウガンダでお待ちしてます!

No title

いよいよ明日で眠れないです。

No title

>しんたろー
おかげさまで、ウガンダ楽しんでます。

>ハル
なにがいよいよ明日なのかわからないですけど?

No title

心からのありがとうを!!
本当にありがとう。
めちゃくちゃ嬉しかった。

No title

>空
いえいえ何もできませんで。
まあいろいろ大変やとは思うけど、がんばってねー。応援してます。
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。