スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザ

ジンバブエの主食はサザと呼ばれるものである。
それはメイズ(白とうもろこし?)を乾燥させて、粉末状にしたものを、お湯でなんかぐちゃぐちゃにして、すこし固めたようなやつである。
それとビーフのシチューや野菜につけて食うのが、彼らの食事である。

以前から肉はなかったので、一般家庭では野菜と豆と一緒に食うようになっていた。
もはや肉は彼らにとって高級食材なのだ。
僕も、以前ジンバブエにいたときは、肉が高く手に入りにくかったので、
毎日キャベツばかりを食っていた。


ただ今年は干ばつの影響により、
サザの原料であるメイズが不作なのである。

現在で、もはや市場においてサザの原料(mealie meal)を見ることはありません。ブラックマーケットでしか買えない。しかも相当高く、庶民が手の出る価格ではない。野菜は結構手にはいりますが。

WFPが警告を出しています。(http://www.asahi.com/food/news/TKY200810210340.html)

なんかみんなすでに飢えている。少し収入が低い層であったり、農業をしている知り合いがいない人たちなど。首都ハラレはまだましなようですが、僕の働いてるとこなど地方に出れば、やっぱひどい。

僕の同居人の、元同僚もあと1週間で当面のmealie mealがなくなってしまうと言っていた。
彼も新たに買う金はもちろんない。(ちなみに今の教師の給料、日本円で100円きってます)
僕もその元同僚のものを食ってるので、非常に申し訳ない。前、彼のためにmealie mealは買いましたが。

来年どうなるのかわかりません。

餓死者が大量にでるかも。

なんとかなればいいけど。

僕にはどうすることもできませんが。

目の前の友人たちが、最近本当にお腹すいてる感じなんでいたたまれません。

ジンバブエ人はまだ笑顔でいるけど、それがなくなっていくこともあるのかもしれません。

日本にいれば、食糧難のことなんて考えもしないけど、現実に目の当たりにすると大変です。厳しいです悲しいです。

でもほんとうにこのまま食糧不足が続けば、あのおとなしいジンバブエ人もそろそろ怒るかもね。

そうなれば余計辛い。

⇒comment

Secret

No title

ブログを通じて想像するだけなのに
胸が痛い。

みんなのそばにいて、目の当たりにしているんだもん、
きっと一番こたえるね。

シャマリから、笑顔が消える日。
そうだよね。

ここに来るたびに、ジンバに一番近く触れられる気がする。
そして、いつもいてもたってもいられない気になる。

でも、けんたろさん、本当にありがとう。

No title

>かおりん
まあそんなに心配することないよー。
シャマリは相変わらず口の周りに繊維つけてマンゴーをあほみたいな顔で食べてるし。

まあなんやかんや、今までみたいになんで生活できてるんかわからんけど、
生活出来てるみたいやし。

だいじょうぶ。
シャマリはそんなにやわじゃないでー。
プロフィール

oniko

Author:oniko
ここでジンバブエという国を知ってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。